ホームイベント情報>智頭急行合同テロ対策訓練を実施について

このページをプリントする

  • 列車運行情報
  • 空席情報
  • トクトクきっぷのご案内
  • スーパーはくと
  • よくいただくご質問

智頭急行合同テロ対策訓練を実施について

平成29年2月1日(水)に

智頭急行合同テロ対策訓練を

平福駅から佐用往復の臨時列車内と平福駅及び周辺で行いました。

 

 

[訓練参加機関]

 

・兵庫県佐用警察署、相生警察署

・兵庫県警察本部機動隊

・岡山県美作警察署

・鳥取県智頭警察署

・地域住民

 

 

 

[訓練想定]

 

○想定1

上郡発智頭行きの普通列車に乗車した男性2名が、一旦降車し再び乗車する行為を繰り返していた。平福駅発車間際に降車したので、不審に感じた運転士は「不審な乗客が平福駅出降車した」旨を智頭運輸指令に連絡する。

 

○想定2

平福駅到着後、警察官が乗り込んで運転士に確認中に逃走を図り、車両内を検索したところ、不審物を発見する。

 

 

 

[訓練概要]

 

○想定1

・智頭急行から警察への通報訓練

・智頭急行社員及び警察官の不審者対応訓練

・智頭急行社員の避難誘導訓練

 

○想定2

・警察官の不審者対応訓練

・機動隊による爆発物処理訓練

 

 

普通列車に不審な乗客2名を発見し、警察に通報した。

 

不審な乗客1名は

特急スーパーいなば号に乗車したが、美作警察署が確保した。

  

 

もう1名の不審な乗客は

普通列車に乗車し、佐用警察署が確保した。

 

 

乗務員が車内を確認して、不審物を発見した。

 

爆発物処理班が出動し、処理した。

 

テロの発生を想定した警察との2回目の合同訓練通報並びに避難誘導など緊張感ある訓練でした。

今後も関係機関との協力を得ながら、異常時の対応力を高めて参ります。