ホーム沿線みどころガイド>美作市

このページをプリントする

美作市

見る

2010年11月04日
この神社の太鼓のバチさばきにヒントを得て、武蔵は二刀流を編み出したと伝えられている。
2010年11月04日
県重要文化財史跡。この碑文は元熊本藩主細川護成侯爵の書で、裏面には、武蔵の略歴が刻まれている。明治44年建立。
2010年11月04日
武蔵の養子・伊織によって熊本から分骨され、父の平田無二斎の墓と並んで祀られている。
2010年11月04日
宮本武蔵は、優れた剣豪であったと同時に卓越した芸術家でもありました。多くの絵画、彫刻、金工など剣豪らしい気迫を込めた作品を残している。
2010年11月04日
もともとは、茅葺きの家だったが、昭和17年に現在の瓦屋根となりました。大黒柱の位置は、当時と変わらないと伝えられている。
2010年11月04日
郷土の生んだ剣聖・宮本武蔵を祀る神社として昭和46年4月奉賛会が中心となり建立した。文武にたけた武蔵にあやかりたいと受験合格やスポーツ必勝の祈願にたくさんの人が訪れる。
2010年11月04日
武蔵の姉おぎんの嫁ぎ先。「元屋敷」という地名で町内で最も大きい茅葺きの屋根です。
2010年08月20日
岡山県下で最も高い後山は、奈良県の大峯山と並ぶ修験道の開祖といわれる役行者が後山に入り、修験の道を開いたという伝説が残っています。
2010年11月04日
因幡街道で因州鳥取から播州へ通ずる鎌坂峠の頂上近くに、年中絶えることのない清水があり、この道を通る旅人ののどを潤してきました。
2012年03月07日
鎌坂峠(かまさかとうげ)入口から徒歩2分、武蔵神社手前にあるツツジ園。もともと棚田だった広さ約32aの敷地内に、約2000本約20種のツツジが植えられ、毎年4月中旬〜5月中旬には美しい花を咲かせてくれます。

歩く

2010年07月21日
武蔵縁の名所旧跡や品々が点在する大原駅〜宮本武蔵駅周辺。「武蔵生家跡」や「宮本武蔵生誕地碑」、武蔵作の武具や水墨画を収蔵、展示する「武蔵資料館」は、ぜひ訪れてみよう。武蔵と恋人・お通の像や、五輪坊には「青年期宮本武蔵像」と、記念撮影におすすめ。

体験

2010年08月17日
武蔵の湯(岩風呂)、お通の湯(木の香風呂)、サウナや漢方薬湯など数種類の湯が楽しめる天然温泉と、ウォータースライダーや流水プール(夏季限定)などの温水プールのあるリゾート施設。屋外には水着で入る露天風呂もあり、一日中家族みんなで楽しめる。
2010年08月27日
東粟倉地域にある『愛の村パーク』は、食と健康をテーマとし、野菜や山菜などの地域内で収穫される、旬の新鮮な食材を材料とした郷土料理、ふるさと料理をはじめとするさまざまな調理品や加工品を、東粟倉地域の豊かな自然と楽しい雰囲気の中で、おいしく味わってもらうことを基本コンセプトとしています。
2010年08月23日
感動のビュースポット。眼下に山里、パノラマの風景が広がる。また、結婚式場として、日本一の「愛の鐘」が世界一のウェディングを奏でる。

イベント

2014年04月07日
江戸時代に因幡街道・大原宿として栄えたかつての宿場町である 古町地区で、毎年4月初旬に開催されるひなまつり。街道沿いの民家 や商店など約65軒に雛人形が飾られ、趣のある町を散策しながら、雛巡りを楽しめます。
2011年08月22日
因幡街道の旧宿場町で町並み保存地区に指定されている古町地区の夏イベント!
2011年08月22日
夏の避暑地、愛の村パークで開催!
愛の村パークにて毎年8月に開催される夏祭り。
屋台、太鼓の演舞など夏祭りムードもたっぷり!
打ち上げ花火も約1500発の打ち上げ花火が後山山麓の夜空を彩ります。
2010年08月20日
収穫祭が各地で行われる時期、大原で秋祭りが開催されます。美作市古町の因幡街道大原宿の町並み保存地区周辺を4台の巨大な屋台(神輿)が練り歩きます。
2010年08月20日
奥の院と護摩堂で紫燈大護摩法要が盛大に行われ、一帯は全国から訪れる多くの修験者たちの祈りに包まれます。
2014年04月07日
武蔵、小次郎他に仮装した武蔵行列から始まり、美作中学吹奏楽部によるドリル演奏、メインステージでは地元有志の芸能発表、テント村では地元特産品が販売され、各種催し物で会場を盛り上げます!。

買う

2010年08月17日
地域の農家が真心込めて作った季節ごとの農産物や、その加工品等を販売しております。