鳥取県立博物館の紹介
HOME | > 鳥取県立博物館博物館紹介スタッフ紹介スタッフ個人ページ大嶋 陽一 (OOSHIMA, Yoichi)鳥取地域史研究会>鳥取県中部地震で被災されたみなさまへ(地域の文化財の保全について・捨てないで地域と家の歴史)
鳥取県中部地震で被災されたみなさまへ(地域の文化財の保全について・捨てないで地域と家の歴史)

捨てないで地域と家の歴史
−鳥取県中部地震被災地区の皆様へー
古文書などの保存についてのお願い

鳥取地域史研究会・山陰史料ネット
2016 年 10 月 25 日

 2016 年 10 月 21 日に発生した鳥取県中部の地震で被災された皆 様には、謹んで御見舞い申し上げます。

 今回のような大災害では、大切な家屋や財産とともに、昔から伝 わる古い書類や手紙、書画、骨董品などの資料も痛んでしまうことが多くあります。
また、蔵や倉庫などを片付けているなかで、これまで気付かなかった古い物が見つかることもあります。

 もし今後、

◇ご先祖から伝わった古い書類や道具が、今回の地震や雨 等で痛んだり、こわれてしまった。
※雨などでぬれてしまったものでも、修理できる可能性が あります。ぜひご相談ください
◇お宅から古いもの(古文書、古美術品・古い書類など) が出てきた。
◇今後の古い書類や骨董品の保管について心配がある。

などの場合には地元の市町村教育委員会 又は 下記までご連絡くださいますよう、お願い申し上げます。

(連絡先)鳥取地域史研究会 事務局
〒680−0011 鳥取市東町2丁目124 鳥取県立博物館内
電話0857−26−8044 FAX0857−26−8041
E-mail hakubutsukan@pref.tottori.jp


■「地域の文化財・歴史資料」とは

@古文書・和本
江戸時代までに記された、和紙に墨で書かれた文書です。冊子のもの、一枚の紙に書か れたもの、巻物など、様々な形があります。古い住宅では、これらが壁やふすまの下張り
(下材)に再利用されていることもありま す。
これらは、江戸時代から明治時代初めま で約 300 年間の地域の歴史を知るためのも っとも基本的な記録です。

A掛け軸・額
江戸時代および明治・大正・昭和など様々な時代のものがあります。絵画や、漢籍から 引用した文章(故事成句など)が記されています。地域の文化的なレベルを知る上で重要 です。

B手紙・はがき・日記・アルバム・賞状
明治時代以降、50 年前以前の、地域の人々が残した記録です。これらは、地域の人びと の記憶とも重なり合うような「昔の暮らし」を知るための手がかりとなります。

C民具

古い漆器や茶碗、機械化される以前に農業や漁業、林業の現場で用いられていた道具類
です。これらも、「昔の暮らし」を知るとともに、地域ごとに少しずつ形や用途が異なっ ており、その土地の歴史を知るために重要なものです。

*「古いもの」で判断に迷ったものは、廃棄せず、保管しておくよ うにしてください。追って文化財関係者が回収にうかがった際、改めて判断いたします。

本内容についてはチラシにまとめています⇒こちら(PDF)