砂丘見どころ完全ガイド

砂丘の一番高い場所「馬の背(うまのせ)」

少し大変ですが、是非チャレンジして下さい。

お土産物屋が店が軒を連ねる道の一画。 鳥取砂丘市営駐車場の奥が、主に砂丘入口となっている。

砂に足をとられながら斜面を登ると、目の前に砂の世界が広がる。
陽光に光り輝く白い砂と、青い日本海のコントラストが素晴らしい。

”砂丘”といえば、平坦な砂の原を想像しがちだが、意外に起伏があることに気づく。
正面に見える馬の背状(通称)の小高い丘が、砂丘第二列と呼ばれる砂の頂で、高さ四十七.一メートル。
登るのにひと苦労だが、ぜひチャレンジしてみよう!

頂からは砂丘の広がりと雄大な日本海が一望できる。汗をかいた体に潮風が心地いい。
砂丘の南には、多鯰ケ池(たねがいけ)が見える。かつては日本海に続いていたが、砂丘によってせき止められてできたものだ。

湖岸沿いに一部区間、遊歩道が整備されており、春は二十世紀ナシの花を桃めながらハイキングが楽しめる。
また、この池にまつわる伝説もあり、神秘的な雰囲気を漂わせている。