砂丘見どころ完全ガイド

海のなかの生きもの

「砂丘と海」という特殊な環境の中で多様な生物がそれぞれ環境に適応した生活を営んでいます。

ここでは、「山陰海岸の海藻垂直分布」、「岩礁の海岸動物」を表で、実際に海の中の生き物を写真でご紹介しましょう。
山陰海岸の海藻垂直分布(浦富海岸)岩礁の海岸動物
深さ
cm
緑藻類褐藻類紅藻類
0ボウアオノリ   カヤモノリ ウップルイノリ
ハネソゾ
ウミゾウメン
 アナアオサ
タルガタジユズモ
タマジュズモ
ウスバアオノリ
ノコギリモク
ウミトラノオ
カゴメノリ
フクロノリ
イソモク
キ∃ウノヒモ
オキツノリ
ケイギス
スギノリ
イソムラサキ
ムカデノリ
ツノマタ
カタノリ
オゴノリ
フシツナギ
ワツナギソウ
ピリヒバ
ユナ
-16ミル
フサイワヅタ
アミジグサ
オキナウチワ
ウミウチワ
モヅク
アラメ
ヤツマタモク
フシスジモク
マクサ
オバクサ
カギイバラノリ
カパノリ
-50
シワヤハズ
へラヤハズ
イシモヅク
アカモク
オオバモク
ツルモ
ワカメ
マメダワラ
ヨレモク

区分浅海岩礁磯や岩の下

綿


ムラサキカイメン
ザラカイメン
ダイダイイソカイメン
 




シロガヤ
ウメボシイソギンチャク
ミドリイソギンチャク
アンドンクラゲ
アカクラゲ
 




 ウスヒラムシ




イソゴカイケヤリムシ
イワムシ




ワレカラ
コブカニダマシ
ホンヤドカリ
モクズシオイ
ヒライソガニ
イシガニ
ベニツケガニ
ク□フジツボ
アカフジツボ
ヒメアカイソガニ
アカイソガニ







アメフラシ
アオウミウシ
シロウミウシ
 



ヒメイガイ
エビスガイ
カニモリガイ
サザエ
イボニシ
イシダタミ
トコプシ
アワビ
クボガイ
イシダタミ




ウミシダ
アカウニ
ムラサキウニ
イトマキヒトデ
バフンウニ
クモヒトデ
マナマコ
ヤツデヒトデ






キユウセン
アナハゼ
イソカサゴ
ナベカ
ヘビギンポ
ウミタナゴ
クジメ
アイナメ
海の中の生き物
1.アジ
アジ

マアジやムロアジなどの一般魚からシマアジやカンパチなどの高級魚まで、幅広く食用されている

2.ヒラメ
ヒラメ
目が体の片側にある特異な形質をもつ。ふつうヒラメは左にあり、カレイは右である
3.スナホリガニ
スナホリガニ
甲長約23ミリ。満潮線の砂地に生息する。甲は楕円形で左右に湾曲している
4.イワノリ
イワノリ

(ウップルイノリ)
潮間帯上・中部の岩礁上に生息する。初冬がら厳冬期にかけて繁茂する。雌雄異株

5.アラレタマキビ
アラレタマキビ

岩面にはえた徽細な藻類や海藻華を餌とする。一般に乾燥に対する低抗力が強い

6.フナムシ
フナムシ
体が背腹に扁平。陸上生活に適応し、岩場を敏捷に走りまわる。くさった有機物をあさる
7.カメノテ
カメノテ
主に潮間帯上部の岩の割れ目に群生する。寄せ波の際、船板のあいだから脚を伸ばして餌をとる
8.イワガニ
イワガニ
額が幅広く、甲面は緑色の地に黒色の斜めの条線がある。はさみ足は赤
9.カモガイ
カモガイ
ユキノカサガイ科。殻の形が笠状になつているため、「笠貝」という総称がある
10.アナアオ
アナアオ
長さ20〜30センチ、時にそれ以上になることも。潮間帯下部の主に岩面上に大きな群落をつくる
11.ハネモ
ハネモ

潮だまりや低潮線付近で、ほかの海藻などとともに見られる

12.シロウミウシ
シロウミウシ
とくに日本海側の浅海の岩礁地帯に多く見られる。夏、白色の渦巻き状の卵塊を岩に産みつける
13.クジメ
クジメ
アイナメ科。肉食性て魚額や甲殻額を餌とする。温帯域沿岸の海藻のなかにすむ
14.マナマコ
マナマコ

体長は30センチまて。食用ナマコとして、珍重される。丸みを帯びた背面に円錐形のいほがある

15.イトマキヒトデ
イトマキヒトデ
腕のあいだの切れ込みが浅い。背面の地色は、藍青色がふつうだが、黄色〜白色もある
16.ムカデノリ
ムカデノリ

主に潮間帯の静かな場所の岩上に見られる。食用

写真提供:古田 晋平(C) Photo/1.2.5.6.7.9.12.13.14.15
清末 忠人(C) Photo/3.4.8.10.11.16

鳥取砂丘中心部探検マップ

---自然公園美化管理財団ホームページ


砂丘の動植物、自然についてのお問い合わせはこちら